理学療法士の活躍の場

理学療法士は病院などでリハビリを担うだけではありません。
現在注目を集めているのが、スポーツトレーナーとしての活動です。
身体の機能に熟知している理学療法士は、事故などにより機能に回復が必要な人を対象にリハビリなどを行っていますが、昨今スポーツ選手や高齢者を対象にした身体の改善・向上に取り組むケースが増えています。
療法士は身体の動きや筋肉の働きに精通し、医療現場で安全に回復・改善を促すプロフェッショナルであることから、トレーニングやスポーツ、さらには高齢者などの健康維持・向上にもその技術が活用できることが認識されてきたことにほかなりません。
逆にスポーツトレーナーを目指している人は、理学療法士の国家資格を取得することで、活動の場を広げられるだけでなく、クライアントからの信頼を得ることは間違いありません。
体の機能に精通していることを念頭に、幅を広げて考えてみると、様々な活動の場が存在することがわかると思います。